消費税増税法案を閣議決定 「国民新」自見金融相も署名

印刷

   政府は2012年3月30日、消費税増税法案を閣議決定した。現行5%の税率を2014年4月に8%、15年10月に10%へ引き上げる。

   事実上、分裂状態になっている国民新党の自見庄三郎金融相も閣議で署名した。亀井静香代表は連立離脱を表明したが、衆参8人の国会議員中、6議員は連立政権に残る意向を示している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中