2020年 10月 22日 (木)

大塚キャスター病室から電話 「秋口にはスタジオ行きたい」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   急性リンパ性白血病で2011年11月2日から休養している「めざましテレビ」(フジテレビ系)のメーンキャスター・大塚範一さんが12年3月末で番組を卒業する。

   3月30日放送のめざましテレビでは、共に卒業する伊藤利尋アナウンサー、スポーツキャスターの遠藤玲子さん、エンタメキャスターの皆藤愛子さんとあわせ、ラストの15分間で大々的に「卒業式」を行った。

治療は3分の1終了

   番組では1995年から新人アナウンサーとして登場した伊藤アナをはじめ、2007年からスポーツキャスターを務めている遠藤さん、05年にお天気キャスターとして登場した皆藤さんがそれぞれあいさつした。

   その後、大塚さんが病室から電話で出演し、「おはようございます。非常に元気な闘病生活を送っております」と元気そうな声を聞かせた。現在は半年かかる長期治療のおよそ3分の1が終わった状態で、強い副作用がなければ普段と変わらない生活を送れているという。

   卒業生にもエールを送った。伊藤アナには「めざましの歴史は伊藤くんの成長の歴史ではないかと思う。これからは自身も周囲も仕事をセーブしながら、仕事に力を注いでほしい」。産休に入る遠藤さんには「産休後戻ってきた時も是非スポーツに関わる仕事を続けてほしい」、皆藤さんには「こんな可愛い大学生がいるのかと思うような衝撃のデビューで、それからずっと皆さんを癒し続けてくれた。これからもっともっと色んな番組で私たちを楽しませてほしい」と語りかけた。伊藤さんは真剣に、遠藤さんと皆藤さんは泣きながら聞き入っていた。

   最後に軽部真一キャスターや伊藤アナが「大塚さんが元気になるのをこのスタジオで待ってます」と声をかけると、大塚さんは「秋口には必ずうかがいたい」と答えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中