橋下大阪市長ウォッチ
「きちんと手は横、気をつけ」 発令式で初の君が代斉唱

印刷

   大阪市の新規採用職員の発令式が2012年4月2日、市中央公会堂であった。橋下徹市長の意向を踏まえ、発令式では初めて君が代を斉唱した。

   府立高校の卒業式をめぐっては、君が代斉唱のときに起立斉唱しなかった教職員らが戒告処分を受ける事態になっているが、この日の式典では、起立問題をめぐる混乱はなかった。

「手を抜けば税金の無駄使いに」

橋下市長になって初の新規採用職員発令式があった。
橋下市長になって初の新規採用職員発令式があった。

   冒頭の君が代斉唱の後、橋下市長はあいさつで、

「皆さんの行動というものが確実に大阪市民のためになることは間違いないです。ただ、手を抜けば税金の無駄使いになります」

と指摘した。

   退場前には、

「国歌・君が代斉唱のとき、きちんと手は横、気をつけ。国際社会で外国に行った時に、前に(手を)組んでいたら格好悪い話なんですね」

と新職員らに注意を促した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中