2018年 7月 23日 (月)

鳩山元首相、イラン訪問 外相と会談

印刷

   民主党の鳩山由紀夫元首相は2012年4月7日、訪問先のイランでサレヒ外相と会談した。

   鳩山元首相は会談の中で、太平洋戦争での広島、長崎の原爆投下に触れて「どの国も核兵器を持つべきではない」と述べた。これに対してサレヒ外相は、イランの核開発はあくまでも平和利用が目的との主張を伝えた。8日にはアフマディネジャド大統領との会談も予定されている。

   今回の鳩山元首相のイラン訪問をめぐっては、「二元外交の恐れがある」として野党だけでなく政府も懸念を示していたが、鳩山元首相は議員外交の重要性を強調、予定どおりの訪問となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中