2018年 7月 19日 (木)

首都直下地震なら「死者9700人」 都、被害想定見直し

印刷

   首都直下型の東京湾北部地震(マグニチュード=M7.3)が起きた場合、死者は約9700人に達する――東京都が2012年4月18日に発表した新たな被害想定は、前回(06年)想定より震源を浅く計算した結果、死者数が約1.5倍となった。

   23区の7割が震度6強以上となり、大田区などは震度7の揺れに襲われる予測が出た。

倒壊・火災で30万棟以上に被害

   火災被害が深刻になる冬の18時、風速8メートルの条件で算出した。倒壊や火災で都内約30万4300棟が被害を受ける。死者約9700人の内訳は、倒壊などで約5600人、火災で約4100人。

   木造住宅密集地の被害が大きい。消失件数では、大田区の3万棟超、世田谷区や杉並区、品川区の2万棟超の多さが目立つ。

   「北部地震」以外にも、多摩直下地震(M7.3)、元禄型関東地震(M8.2)、立川断層帯地震(M7.4)の想定も出した。最も被害が大きいとされたのは、「北部地震」だ。被害想定の公表資料は、東京都防災ホームページで公開している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中