2018年 7月 20日 (金)

敦賀原発直下に活断層の可能性

印刷

   日本原子力発電の敦賀原発(福井県敦賀市)1、2号機の直下にある断層が、活断層である可能性が出てきた。経済産業省原子力安全・保安院が2012年4月24日、現地調査を行い、見解を示した。保安院は、日本原子力発電に再調査を指示した。

   今回の調査で、「直下の断層」について、そばにある活断層の影響を受け、「比較的新しい時代」に動いた可能性が高いと指摘された。従来は、「直下の断層」に、地震の痕跡はないとされてきた。

   活断層の上に原子炉を設置することは、国の耐震安全審査指針の手引き書で、「想定していない」と書かれており、再調査の結果次第では、立地場所としての適格性が問われる可能性もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中