大衆薬ネット販売認める 東京高裁で逆転判決

印刷

   2009年に改正薬事法が施行されたあとも、多くの一般用医薬品(大衆薬)のネットでの販売を原則的に禁じている厚生労働省令は違法だとして、「ケンコーコム」などネット通販2社が販売を続ける権利の確認を求めた訴訟の控訴審判決が2012年4月26日、東京高裁(三輪和雄裁判長)であった。判決では、原告敗訴の1審・東京地裁判決を取り消し、2社のネット販売の権利を認めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中