2021年 5月 8日 (土)

「小沢氏復権」には「待った」 新聞各紙は「政治責任」を指摘

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   民主党の小沢一郎元代表に無罪が言い渡された。民主党内の一部では早速、小沢氏復権へ向けた動きが始まり、「小沢首相待望論」も再浮上してきた。

   一方、新聞各紙の社説では、「政治責任」の観点から、一様に「小沢氏復権」に「待った」をかけている。ただ、裁判では検察の「不当取り調べ」が問題視されたこともあり、過去に小沢氏へ議員辞職を迫った社も、今回は「説明責任」を求めるにとどまっている。

小沢ガールズ「小沢総理待望論が強まっている」

小沢氏の「復権」はあるのか。
小沢氏の「復権」はあるのか。

   小沢氏の党員資格停止の解除について、輿石東幹事長は、東京地裁で無罪判決が出て間もなく、「党内手続きをとる。連休後でいい」と解除に前向きな姿勢を示した。2012年4月26日朝の公判途中のことで、無罪判決は冒頭で出たものの、判決文朗読は続いているタイミングだった。

   小沢グループの議員らは判決後、テレビ取材などに対し、小沢氏の「今後の活躍」に期待する声を相次ぎ挙げた。「小沢ガールズ」の田中絵美子衆院議員は、フジテレビ系番組の取材に対し、「小沢総理待望論が強まっている」と強調した。

   鳩山由紀夫元首相も、「小沢氏は、政権に不可欠な人材」「早く頑張ってもらえる状況をつくってもらいたい」とエールを送った。

   一方、民主党内の「小沢氏復権歓迎論」に対し、朝日新聞の社説(4月27日付、以下同)は、「こんな動きを認めることはできない」と批判した。

「政治的けじめはついていない」「小沢氏の政治責任が問われている」

との従来の指摘を繰り返している。

   朝日社説では以前から、刑事責任の有無にかかわらず、「小沢氏に政界引退や議員辞職を求めてきた」と触れたが、今回の社説では、「政界引退や議員辞職」をあらためて求める表現は見あたらない。見出しは「政治的けじめ、どうつける」だ。小沢氏に対し、国会の政治倫理審査会に出席し、「説明責任を果たす」ことを求めるにとどまっている。

小沢氏の「復権」に期待する?しない?
今の時点でする
しない
説明責任果たした後なら、する
無罪確定後なら、する
その他
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中