ゴジラ松井、レイズとマイナー契約

印刷

   米大リーグ、タンパベイ・レイズは現地時間の2012年4月30日、オークランド・アスレチックスからフリーエージェントとなり今季の所属先が決まっていなかった松井秀喜選手(37)とマイナー契約を結んだと発表した。

   松井選手は日米通算20年目の今年、移籍先が決まらないまま個人練習を続けてきた。レイズのフリードマンGMは「ヒデキはこの20年間、世界でも屈指の安定感を持つ打者であり続けている。その能力を我々のチームに加えることができ、とてもうれしい」とコメントしている。松井選手は現地時間5月1日11時にレイズの本拠地、セント・ピーターズバーグの球場で入団会見に臨む。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中