2018年 6月 21日 (木)

小室哲哉が最大級のRT呼びかけ 「SONYブランドの曲をiTunesで売ってくれ」

印刷

   「日本だけSONYブランドの曲がiTMS (iTunes Music Store)に置いてないのは変じゃないですか?」――ミュージシャンの小室哲哉さん(53)が2012年5月1日夕方、Twitter(ツイッター)でこんな発言をしてリツイートを呼びかけている。

「日本だけ置いてないのは変じゃないですか?」

「Twitterのパワーがどれほど強いものか問いかけを!過去最大のRTを切望します。3月の米米、プリプリ、TM, そして、先週の武道館2日間, 正直、日本だけSONYブランドの曲がiTMSに置いてないのは変じゃないですか?2012年、もう売ってくれても良いじゃないかなあ」

   iTMS (iTunes Music Store)はApple社が開始した世界シェアダントツのオンライン音楽配信サービス。

   アップル社のiPhone(アイフォーン)、iPod(アイポッド)といった音楽再生機器はソニーのウォークマンと競合する上、ソニーグループはiTunesと競合する音楽配信サービス「mora(モーラ)」を運営している。このことから、同グループはiTunesへの配信を見送っている。

   このため、iTunesでは、「いきものがかり」「乃木坂46」といったソニー系のレコード会社に所属する人気歌手の曲を購入することはできない。

   小室さんが言及した「米米CLUB」、「プリンセスプリンセス」、「TM NETWORK」はいずれもソニー系のレコード会社から曲を発売したことがあるグループで、これらの音源がiTunesで売られていないのはおかしいという問題意識での発言だ。このツイートは発言から1時間強が経過した5月1日17時30分時点で、1700回以上リツイートされており、さらに勢いが加速しそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中