「呼び捨てされ激怒」の橋下市長に反論 小林よしのり氏「常軌を逸してないか?」

印刷

   雑誌の対談で批判した橋下徹大阪市長から、ツイッターで反論を受けた漫画家の小林よしのり氏が、ブログで複数回にわたり、橋下氏に「逆襲」した。

   例えば、橋下氏が記事上で「呼び捨てにされたこと」を問題視している点について、小林氏は「『市長』の立場にある者が、『俺様を呼び捨てにするんじゃねえ』と怒り狂うのは常軌を逸してないか?」と指摘した。

「『権力者』であるという己の立場を自覚しているのか?」

小林よしのり氏らが橋下徹市長を批判した「SAPIO」の対談記事。
小林よしのり氏らが橋下徹市長を批判した「SAPIO」の対談記事。

   J-CASTニュースが「『もう少し勉強してから批判しろ』 『ゴーマニズム』小林よしのり氏に反論」(2012年4月27日配信)で伝えたように、2人の論争の発端は、雑誌「SAPIO(サピオ)」最新号(5月9・16日号)の対談記事「『橋下徹の愛国度』を仕分けする」(4ページ)だ。

   対談では、小林氏と京都大学大学院の中野剛志准教授が、橋下氏の大阪都構想などについて批判した。これに対し、橋下氏は4月27日以降のツイッターで小林・中野両氏への反論を断続的に5月1日まで続けている。

   小林氏の反論は、4月29日と5月1日のブログ(ゴー宣道場サイトの道場ブログ)に載った。「ゴー宣」は、小林氏の作品「ゴーマニズム宣言」の略だ。

   5月1日のブログでは冒頭、橋下市長がツイッターで「批判はいいが面識のない相手を呼び捨てにするな」(4月27日)などと、指摘している点について、反論した。橋下氏ツイッターでは、「呼び捨て」問題を繰り返し、問題視している。

   小林氏はブログでいくつかの例を挙げた上で、

「面識のない公人に敬称をつけないのは普通にあることで、橋下徹のように『市長』の立場にある者が、『俺様を呼び捨てにするんじゃねえ』と怒り狂うのは常軌を逸してないか?」

と疑問を投げかけた。

   さらに、北朝鮮を引き合いに出しながら、

「橋下徹は 民主主義国家 の『公人』であり、『権力者』であるという己の立場を自覚しているのか?」

とも問題点を指摘した。

   ツイッターの中で橋下氏に「媚びるような連中」が、橋下氏を甘やかしているらしいとした上で、「そういう連中はカスである!」と断じている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中