全肉連、「生レバー禁止」見直し要望へ 署名活動も

印刷

   厚生労働省が2012年6月中にも牛の生レバー(肝臓)提供を法的に禁止する方針を固めたことについて、全国食肉事業協同組合連合会(全肉連)は5月中旬までに、関連団体に協力を呼び掛け禁止の見直しを求める要望書を連名で厚労省に提出する。消費者を中心に反対署名を集めることも決めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中