2020年 8月 5日 (水)

レポート提出巡る大学教員VS学生 9年前の「ウソ投稿」が話題

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   大学の先生が学生にレポートの提出を迫る文章が、ネット上で話題を呼んでいる。

   締め切りを過ぎても、様々な理由を付けてレポートを受理してもらおうとする学生に対して、先生は「午後 12:00 は『グリニッジ標準時』ではなく『日本標準時』です。これは常識以前の問題です」なとど反論しながらも少しずつ譲歩してしまう、という内容だ。実は10年近く前に掲示板に投稿された文章なのだが、ここ数日で2ちゃんねるなどで紹介され、急に反響が広がっている。

文章は「理学部物理学教室 浅川」さんが書いた?

   文章は、「理学部物理学教室 浅川」と名乗る人物が書いたとされ、最初の文章は5月15日付け。

「『科学哲学第二』のレポートは、5/31 までに1号館1階の浅川のレターボックスに提出すること。このレポートを提出しない学生には、単位は出ません」

と、締め切りの厳守を求めている。締め切りを過ぎた6月3日付けでは、

「締切を過ぎてもまだ私のレターボックスに『科学哲学第二』のレポートを入れる者が居ますが、5/31 の午後5:00 以降に投函されたレポートは全て破棄しました」

と、締め切りを過ぎたレポートは受け取らないことを宣言。だが、締め切りの解釈について反論した学生がいるらしく、先生はさらに反論を展開した。

「『5/31 まで』と書いたら『5/31 の午後 5:00 まで』の意味です。こんなことは社会常識です」
「他の教官が午後 12:00 まで受けつけていても、関係ありません。反例を幾つ挙げようと、定量的に述べなければ意味がありません」

   だが、先生は、

「なぜその熱意を使い、もっと早くにレポートを作成しないのか理解に苦しみますが、とりあえず午後 12:00 まで受けつける教官が過半数であることは理解しました」

と根負け。締め切りを「6/15 の午後 12:00」に延長することになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中