2019年 6月 25日 (火)

「LINE」利用者3000万人突破 「手軽で無料」通話アプリが大ウケ

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   スマートフォン(スマホ)を使って無料で通話できるアプリが人気だ。最近ではNHNジャパンのアプリ「LINE」が、登録利用者数で世界3000万人を超え勢いを伸ばしている。

   電話回線ではなくインターネット経由での通話で、ユーザーは契約する携帯電話会社に関係なく、アプリを入れた相手となら無料で話せる。一方携帯電話会社にとっては、「データ通信定額プラン」を提供するがゆえに無料通話アプリが普及し、自社の通話料収入を圧迫するという皮肉な結果を招いている。

電話番号を入力するだけで利用者を探し出してくれる

スマホに欠かせないアプリとなってきたか
スマホに欠かせないアプリとなってきたか

   「LINE」の特徴は手軽さにある。基本的に自分の携帯電話の番号を入力するだけで設定できる。連絡先をスマホの「アドレス帳」に登録しておいた人の中からLINEの利用者をアプリが自動的に探し出し、その結果が画面上に表示される。そこから通話やメッセージを送りたい相手を選べばよい。

   通話の音質は上々だ。記者は知人と10分程度会話をしてみたが、聞きにくかったり雑音が入ったりすることはなかった。時折音声が途絶えて、お互いに「もしもし」と確認し合うこともあったが、たとえ切断されても無料なのでかけ直すのもためらわない。その知人は、通話でLINEを利用することは少ないが、近くに住む友人とメッセージ機能を使って頻繁に連絡を取り合っていると話した。

   この種のサービスで先駆的なのが「スカイプ」だ。登録者数は全世界で5億人超と他を圧倒する。ただしスマホでアカウントを設定するには、IDやパスワードの入力をはじめ多少の手間がかかる。「Viber(バイバー)」の場合はLINEと同じく登録は簡単だが、すべての表示が英語のため慣れていないと戸惑うかもしれない。とは言え、携帯電話会社の垣根を越えて、海外の相手とも無料で話せる通話アプリが次々と誕生しているのは確かだ。

   しかし、普及と同時にトラブルも聞こえ始めた。LINEはパソコン(PC)からも利用できるが、通常PC内の主要なファイルが数多く保存されている「Program Files」というフォルダを指定してLINEをインストールし、その後削除したら、フォルダ内のほかのファイルもすべて消滅してしまったとの報告が出たのだ。NHNジャパンは2012年5月9日付の公式ブログで問題を認め、修正版のソフトを出して対応にあたった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中