2019年 6月 17日 (月)

「私はこの度、死んでしまいました」 ミステリー作家、吉村達也氏の遺言が話題に

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   作家の吉村達也さんが2012年5月14日、胃がんのため死去した。60歳だった。数々のミステリー小説で知られる吉村さんだが、公式サイトに死後掲載された文章が話題を呼んでいる。

   吉村さんは一橋大学卒業後、ニッポン放送に入社。「オールナイトニッポン」のパーソナリティを務めたこともあった。その後、扶桑社在職中に作家デビュー。代表作に「朝比奈耕作」シリーズなどがあり、ミステリーファンに広く親しまれていた。

「みなさん、こんにちは。長らくごぶさたしておりました」

吉村達也さんの公式サイト。
吉村達也さんの公式サイト。

   死去した14日に、公式サイトに「訃報のお知らせ」という文章が掲載された。

「みなさん、こんにちは。長らくごぶさたしておりました。突然ですが、私はこの度、死んでしまいました。なお、QAZの正体、魔界百物語の真相、私の葬儀の段取りなど、詳細については後日お知らせ申し上げます」

というものだ。遺言で故人自らが即日訃報を伝え、作品の今後について説明している。

   「魔界百物語」というのは2011年に、100巻まで続けるという触れ込みでスタートした新シリーズ。現在3巻まで発売されている。「QAZ」というのはそこに登場する謎の殺人鬼の名前だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中