H2Aロケット、初の海外衛星商用打ち上げ成功

印刷

   三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2012年5月18日未明、種子島宇宙センター(鹿児島県)で、海外から初めて受注した衛星を載せたH2Aロケット21号機を打ち上げ、予定の高度で韓国の衛星「アリラン3号」、ならびに日本の衛星「しずく」の分離に成功した。H2Aロケットの打ち上げ成功は15回連続。三菱重工は、2007年から打ち上げを請け負っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中