東京スカイツリー開業 正午に入場開始

印刷

   世界一高い634メートルの自立式電波塔「東京スカイツリー」(東京・墨田区)が2012年5月22日に開業した。ツリーへの入場は正午にスタートし、予約の最高倍率335倍という狭き門を突破した入場者は地上350メートルのフロアに降り立った瞬間歓声を上げた。中にはこぶしを突き上げて喜びをあらわす人もいた。初日は営業終了の22時までに約8000人が入場する予定。

   9時過ぎには東京スカイツリーの足元にある複合施設「スカイツリータウン」でオープンセレモニーが行われ、墨田区名誉区民の王貞治さんが出席した。展望台に入場した王さんは「世界一の高さの東京スカイツリーが地元にできたことを誇らしく思う」と話した。 併設されているショッピングモール「東京ソラマチ」はオープン前から行列ができており、10時の予定を20分早めて9時40分に客入れを始めた。

   東京スカイツリー、東京ソラマチを中心としたエリアには初日だけで20万人が訪れる見通しだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中