橋下大阪市長、藤村長官を名指し批判 大飯原発再稼働巡り

印刷

   関西電力大飯原発3、4号機の再稼働について、大阪市の橋下徹市長は2012年5月22日、記者団を前に藤村修官房長官を名指しで批判した。

   電力需給がひっ迫しているときに限り原発を再稼働させる案を橋下市長が示したのに対し、藤村長官がそれはあり得ないと言ったことを指して、「関西の声を藤村長官が一蹴した」と指摘したのだ。これに対し、藤村長官はこの日の会見で「単純に言ってもらっては困る」と不快感を示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中