2019年 7月 18日 (木)

「北朝鮮の無礼なふるまいは許さない」 中国政府系メディア「社説」で異例の批判

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   中国の漁船が操業中に北朝鮮の船に拿捕され、船員が拘束された件で、中国側に異例の反応が見られた。中国共産党の機関紙「人民日報」系のメディア「環球時報」が、北朝鮮を批判するような内容の社説を掲載したのだ。

   強固な友好関係にある両国だが、社説では「北朝鮮の無礼なふるまいは許さない」と厳しくクギをさしている。

「今回の一件が両国にとってターニングポイントになるだろう」

環球時報英語版の社説では漁船の写真も掲載
環球時報英語版の社説では漁船の写真も掲載

   北朝鮮側に2012年5月8日に拘束された中国人の漁船乗組員29人は、10日以上勾留された後の5月20日、平壌にある中国大使館が「北朝鮮外務省から船員を解放したとの知らせを受けた」と発表。翌21日に中国・大連の港に全員が到着したという。

   船員は、中国の領海内で操業していたにもかかわらず北朝鮮の船につかまり、無理やり連行されたと主張。北朝鮮当局がかかわっているとの話や、解放に当たって北朝鮮側から「身代金」が要求された、船員が勾留中に殴打され、食料も満足に与えられなかったという報道も出ている。

   北朝鮮の領海付近での操業は危険なようだ。ある中国人によると、漁船の乗組員は荒っぽい性格の人も少なくないが、北朝鮮近海には「いきなり発砲される恐れがあるので行かない」との声があるという。

   今のところ、中国政府が北朝鮮に抗議したという話は聞かない。一方で中国共産党系の新聞「環球時報」は5月21日、社説で船員拘束の件を取り上げた。同紙の電子版「環球網」や英語版「グローバルタイムズ」にも掲載されている。その中で、中朝の水陸国境付近の取り扱いに絡む問題は「今回の一件が両国にとってターニングポイントになるだろう」と言及。2国間の友好関係は「確固たる地理的な原則」に基づいており、その重要性を強調。そのうえで、「中国は北朝鮮の無礼なふるまいは許さない。中朝間に特別な余地は存在しない」と断言し、境界線問題に関してけん制した。さらに、

「北朝鮮は中国人民の生命や財産を中心に、中国の利益を尊重するべきだ」

と主張した。

   続けて、最近中朝国境付近で北朝鮮側による「不正行為のうわさ」が出ており、両国がこうしたうわさを解消するために努力しなければならない、とする。最後は「中朝友好」が強化されることを望み、両国関係が国家戦略レベルだけでなく日常生活の面でも感じられるようになるべきだと結んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中