2018年 7月 22日 (日)

JASRAC賞、AKB48が金銀銅独占

印刷

   日本音楽著作権協会(JASRAC)が2012年5月23日に発表した「2012年 JASRAC賞」で、AKB48が国内作品で金・銀・銅賞を独占した。同じアーティストが上位3作品を独占するのはJASRAC賞史上初で、3作品すべての作詞を手がけた秋元康氏は1996年に小室哲哉さんが受賞して以来のトリプル受賞となる。

   金賞は「ヘビーローテーション」、銀賞は「ポニーテールとシュシュ」、銅賞は「Beginner」で、4位には「Everyday、カチューシャ」、6位には「会いたかった」がランクインし、上位10曲中5曲がAKB48の楽曲となった。

   JASRAC賞は前年度にCDやカラオケなどから徴収した著作物使用料の分配が多かった楽曲に贈られる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中