2019年 7月 22日 (月)

「涙の会見」河本準一の謝罪 好感度が上がったのか、それとも…

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   母親の生活保護受給について、お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さん(37)が会見で、道義的な問題があったとして涙目で謝罪した。ネット上では、「もう許してやったら」との声もある。しかし、説明が不十分との不満もくすぶっているようだ。

   まず謝罪から始めた河本準一さんは、カメラの前で15秒ほども深々と頭を下げた。吉本興業東京本部で2012年5月25日にあった会見は、100人以上もの報道陣の前で、それから約30分間続いた。

ネット上では、評価する声もあるが…

今まで通りできるのか
今まで通りできるのか

   準一さんは、受給は事実と認めたうえで、芸人を始めて2、3年後の14、15年前から、母親が病気をきっかけに生活保護の受給を始めたとした。福祉事務所から母親の面倒を見られないかと聞かれたが、準一さんの年収が100万円を切る状態であることを理由に辞退したという。

   テレビ出演するようになった5、6年前に再び福祉事務所から聞かれ、今度は一部を援助した。さらに、12年1月には援助を増額し、生活保護を打ち切ったのは4月になってからだった。半年ほど前から打ち切りの話し合いをしていたというが、騒ぎの元になった女性誌報道などがあったからだ。

   会見に付き添った渡邉宙志弁護士らは、不正受給はないと強調したが、収入が増えたときに止めなかった道義的な責任があるとした。準一さんは、言葉を詰まらせながら、「今になっては、めちゃくちゃ甘い考えだと深く反省しております」と再び頭を下げた。そのうえで、「お世話になった分のお金をお返ししたい」と明かした。具体的には、援助を始めた5、6年前からの受給分を返納することを検討しているという。

   準一さんがようやく釈明して謝罪までしたことで、ネット上では、評価する声も出ている。「逆に好感度上がったろ」「元々は制度や役所が悪いのにね」「もう許してやれよ」といった書き込みがそれだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中