橋下大阪市長ウォッチ
大飯原発再稼働「事実上容認」明言

印刷

   関西電力大飯原子力発電所(福井県おおい町)の再稼働問題で、大阪市の橋下徹市長は2012年5月31日、「事実上容認する」と述べた。橋下氏が「容認」を明言するのは初めて。

   また、橋下氏は

「暫定的な基準に基づくものだときちんと示したうえで、理解していただくしかない」

と、基準は暫定的なものだということの説明が必要だとの考えを示した。さらに、

「期間限定(の再稼働)は言い続けていく」
「大飯以外は絶対に動かさない」

と、夏のピーク時に限って、大飯原発のみの再稼働を容認する点を強調した。

   関西広域連合が5月30日に発表した声明文では、「運転再開は限定的なものとして適切に判断するよう政府に強く求める」と再稼働を容認。これを受ける形で、野田佳彦首相が「私の責任で判断する」と述べていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中