2018年 7月 19日 (木)

発電コスト10%上昇でGDP0.4~0.6%押し下げ 内閣府が試算

印刷

   内閣府は、発電コストが10%上昇した場合に国内総生産(GDP)を0.4~0.6%押し下げるとする試算をまとめ、2012年5月30日に明らかにした。電力料金の値上がりによるコストの上昇で、日本経済の生産性が低下する。

   内閣府は、停止している原子力発電所が再稼働しないことを前提にした試算し、東京電力管内の家庭向け電力料金の引き上げが実施された場合、消費者物価指数(総合)は0.11%ほど、かさ上げされる、と指摘している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中