フェイスブックの広告 5人中4人が「見ても買わない」

印刷

   ロイター通信とフランスの調査会社「イプソス」が実施した交流サイト「フェイスブック(FB)」に関する調査結果が、2012年6月4日に公表された。

   回答者の34%が、半年前と比べてFBにアクセスする時間が短くなったとした。FB上に掲載されている製品やサービスの広告や宣伝コメントについては、5人中4人が「広告を見ても買ったことはない」と答えた。

   調査は5月31日~6月4日に、米国在住の1032人を対象にオンラインで実施された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中