東電女性殺害事件、再審開始と刑の執行停止が決定

印刷

   1997年の東京電力女性社員殺害事件の再審請求審で、東京高裁(小川正持裁判長)は2012年6月7日、無期懲役が確定していたネパール国籍のゴビンダ・プラサド・マイナリ受刑者(45)の再審を開始し、刑の執行を停止する決定をした。検察側は異議を申し立てる方針。事件では決定的な直接証拠がなく、マイナリ受刑者は一貫して無罪を主張していた。1審の東京地裁判決では無罪だったが、2審の東京高裁判決では状況証拠などから無期懲役を言い渡し、最高裁で確定していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中