2020年 1月 27日 (月)

AKB総選挙に「騒ぎすぎ」「違和感」 もっと大事なニュースがある!の声

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   フジテレビの生中継も入ったアイドルユニット「AKB48」の総選挙について、識者らから様々な苦言が出ている。もちろん、社会を活性化させていると好意的な見方も多いが、その大騒ぎぶりに違和感も覚えるらしい。

   有名人の中でも、総選挙に熱狂する向きは多い。

有名人も熱狂ぶりを公言しているが…

騒ぎすぎなのか
騒ぎすぎなのか

   AKB好きを公言している漫画家の小林よしのりさん(58)は、2012年6月6日の総選挙後にブログでこう叫んだ。「大島優子が世代交代を阻んだ! これでいいんだ」。柏木由紀さんに気が移っていたものの、もともと好きな優子さんが負けるのではと思い、こちらに大量に票を入れたのだそうだ。

   同じ漫画家の倉田真由美さん(40)は、開票イベントを観戦までして好きなAKBを応援した。メンバーが次々に泣き出す姿を見て、「何度ももらい泣きしちゃいました」とサンスポの寄稿に書いている。

   一方で、騒ぎを冷ややかに見る人もいる。

   サンスポの記事によると、漫画家のやくみつるさん(53)は、熱心に練習に励むAKBメンバー1人1人は好きだとしながらも、「総選挙の"狂騒"ぶりは好きではない」と疑問を呈した。仕事のこともあって、総選挙ではなくプロ野球を見ていたと明かした。

   また、キャスターの小倉智昭さん(65)は7日、フジテレビ系「とくダネ!」の中で、「大の大人がこうやって大騒ぎしている」と辛口のコメントをした。総選挙の様子は時々見ていたとしながらも、主にTBS系放送の男子バレーボール対中国戦を見ていたという。

   ネット上でも、メンバーの順位を巡って悲喜こもごもの声が出る一方で、「私は裏番組のナビスコカップ見てました」「何がいいのかさっぱりわからない」といった告白も相次いでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中