ギリシャ再選挙で「緊縮派」勝利

印刷

   ギリシャで2012年6月17日に行われた再選挙は、欧州連合(EU)や国際通貨基金(IMF)による金融支援を受けることによる緊縮財政の継続を訴える新民主主義党(ND)が、緊縮策反対を主張していた急進左派連合を得票数で上回り、第1党となった。

   NDの勝利により、懸念されたギリシャのユーロ圏離脱は回避されるとみられる。しかしNDも議席の過半数には届いておらず、今後は連立政権を組むため他党と交渉していくことになる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中