2018年 7月 22日 (日)

「伊方の再稼働必要」愛媛県の中村知事が安全性など条件に

印刷

   愛媛県の中村時広知事は、四国電力伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)の再稼働について「エネルギー情勢からすれば必要」との認識を示した。あわせて、安全性の確認が重要とし「無条件で再稼働という考えではない」とも強調した。2012年6月18日の記者会見で述べた。

   これまで伊方原発の再稼働について中村知事は「白紙」を繰り返していた。ただ、電力供給に関して「再稼働反対、自然エネルギーでまかなえと言う人が多いが、それで収まる問題ではない」とも話し、一定の条件が満たされれば再稼働を検討する意向を示していた。

   関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働決定後、条件付きではあるが、原発の再稼働に前向きな判断を示したのは中村知事が初めて。「あくまで安全が第一だが、今すぐに原発をなくすというのは現実的ではない」とも述べ、現在の電力使用や経済情勢を考慮し、大飯原発の再稼働への野田佳彦首相の判断に理解を示した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中