2018年 7月 18日 (水)

橋下大阪市長ウォッチ
就任半年、「職員はよく頑張ってくれました」

印刷

   2012年6月19日に就任半年を迎えた大阪市の橋下徹市長が同日朝の囲み取材で、

「いやぁ、職員はよく頑張ってくれましたね」

と市職員の働きをねぎらった。市長選では「市役所をぶっつぶす」と公言していた橋下市だが、半年ですっかり様変わりした形だ。

   市長選で公約に掲げていた市政改革や二重行政の解消については、

「僕が決めた方向性やスケジュールに、ぴしゃっと合わせてくれた。行政組織というのは、恐ろしく優秀な組織なんですね。ものすごく無理難題をふっかけて、色々なことを言っても、きちんと決定して、組織も腹に落ちれば、そこに向かってぴしゃっと合わせてきますよ。見事ですね」

と、市職員を称賛しながら、スケジュール通りに進んでいることを強調。

「なんで霞ヶ関の行政組織が、あんな下手打ったのか」


   また、市職員と対比する形で、

「なんで霞ヶ関の行政組織が、あんな下手打ったのか。手順というか、段取りで下手を打ったのか。信じられないですね」

といい、関西電力大飯原子力発電所(福井県おおい町)の再稼働をめぐる政府の対応を批判した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中