2020年 10月 20日 (火)

「指原叩き」まだまだ終わらない 「元カレ」再度の告白、「天狗」批判も

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   男性とのスキャンダルを報じられHKT48に移籍した指原莉乃さんが、また週刊誌で記事にされてしまった。

   「元カレ」の再度の告白に加えて「天狗になっていた」という関係者の声も掲載されている。HKT48での再出発を目指し気丈に振舞う指原さんだが、「アンチ」には新たな燃料を投下した格好だ。

「あたしは付き合ってたい」

「ヘタレ」は仮面だったのか(2011年2月8日撮影)
「ヘタレ」は仮面だったのか(2011年2月8日撮影)

   2012年6月21日発売の週刊文春に、「AKB指原莉乃 『博多へ左遷』で秋元康の起死回生なるか!?」という記事が掲載された。

   記事では、騒動の発端となった「元カレ」Aさんに再度話を聞いている。Aさんが文春に「恋バナ」を暴露した11日、指原さんの携帯番号から何度も電話の着信があった。授業中だったので出られなかったが、後日電話をかけ直した時にはすでに指原さんの番号は使われていなかったという。

   新たなエピソードも飛び出した。内緒の交際をしている時、Aさんは指原さんの母親には認められたいと思い、家に挨拶に行った。母親は突然訪問したAさんを歓迎したが、その後帰宅した指原さんはAさんを見て「誰?」と吐き捨てたというのだ。

   そして「なんでいきなり来るの?」「秘密にしてた意味ないじゃん」と散々怒られ、母親は気まずそうに「ごめんね」と言っていたという。さらに「●●(Aさんの名前)が彼氏じゃないとほんとにだめになっちゃう気がする ●●にいい人がいるならそれでいいしそれでもあたしは付き合ってたいです」「実は今AKBでいることが超きつくて。今まで●●にもAKBがつらいとか言わんかったけどもう限界で」などと書かれたメール画面も新たに公開されている。

   「ファンの妄想ではないか」「ストーカーの妄言では」というインターネット上などでの批判に対しては「自分がストーカーだとか、妄想だと騒がれているのが非常に残念です」と話している。

   記事では番組関係者の「今回は彼女にとっても頭を冷やすいい機会。番組の打ち合わせ時に居眠りしたり、撮影衣装が可愛くないと文句を言ったり、正直、さしこは最近、天狗になっていた」というコメントも紹介している。これらの内容が事実なら、「ヘタレキャラ」として親しまれていた姿とはズレがあったということになる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中