2020年 3月 28日 (土)

橋下市長が「行列」元同僚、住田弁護士をののしる 
「ヒステリック」「小金稼ぎのコメンテーター」…

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   大阪市の橋下徹市長が2012年6月22日に更新したツイッターで、かつて同じ番組に出演していた住田裕子弁護士を「最悪」などと批判を強めている。

   橋下氏は、住田弁護士との情報番組でのやり取りが、よっぽど気にくわなかったらしく、「具体論で主張してこない自称インテリ群」とバッサリ。「ヒステリック」「典型的な小金稼ぎのコメンテーター」と、言葉をきわめてののしっているのだ。

池田信夫氏や大阪市立大の朴教授は高く評価


   橋下氏がやり玉にあげているのが、2012年6月21日に出演した関西ローカルの報道番組「かんさい情報ネット ten!」(読売テレビ)でのやり取りで、15回にわたって連続ツイートしている。橋下氏は、一緒に番組コメンテーターとして出演していた大阪市立大学の朴一(パク・イル)教授や経済学者の池田信夫氏とのやり取りについては、

「本質的な問題点を具体的に指摘する。ゆえにこちらも具体論で反論できるし納得できるところは良となる」

と高く評価する一方、かつて「行列の出来る法律相談所」(日本テレビ)で共演していた住田弁護士については「最悪」と断じた。

   具体的には、住田弁護士が、いわゆる日の丸・君が代の起立問題などについて、「表層的に人権侵害とだけ主張」し、橋下市長のことを「労働法制が分かっていない、ブレーンがいない」などと批判したという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中