「地元でペテン師、嘘つきと言われたくない!」 民主議員「増税賛成」ブログで説明に必死

印刷

   野田佳彦首相が「政治生命をかける」と繰り返していた消費増税法案が2012年6月26日午後、民主・自民・公明の賛成多数で衆院本会議を通過した。09年に民主党が政権を獲得した際の衆院選選挙で掲げた政権公約(マニフェスト)に反する内容だけに、特に法案に賛成する民主党の議員にとっては選挙区での風当たりが強かったようだ。そのこともあって、賛成派の中には、ブログに長文記事を載せて説明を試みる議員も相次いだ。

3000字超えるブログ書く議員も

   衆院本会議に先立って、野田首相は午前の衆院特別委員会で、

「地元でペテン師、嘘つき、バカと言われるなかで、それでもこの改革はやり遂げなければいけないと思っている人たちが腹をくくって賛成しようとしている」

と賛成派議員をかばった。特にここ数日は、賛成派の衆院議員によるブログやツイッターでの意見表明が相次いだ。

   例えば藤田憲彦議員(東京4区)は、6月25日深夜、

「ただ黙って黙示の賛意を示すよりは政治家としての使命を果たしていると思います」

と、反対派への敬意を示す一方、

「与党に反対するということはこうした(与野党合意)努力全てを否定することになります。反対を主張してこられた立場からすれば反対すれば筋を通せるのでしょうが、組織の筋を違えることになります。それは許されないことだと思います」

と賛成の意向を改めて表明。この日のブログの字数は3000字近い。また、法案可決後には、ツイッターで

「造反に対しては厳しい処分で臨むべきです。賛成した者だって、嬉々として投じたわけではありません」

と、反対派を批判してもいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中