2018年 7月 19日 (木)

橋下大阪市長ウォッチ
関電株主総会「発言3分ルール」に皮肉 「僕だったらオールナイトで質疑に応じる」

印刷

   大阪市の橋下徹市長は2012年6月27日午前、関西電力の株主総会に出席し、

「今がまさに時代の転換。経営陣の皆さん、その(原子力発電所に依存することの)リスクをしっかり念頭に置いて新しいエネルギー供給体制を目指してください」

などと、すべての原発の廃止を求める大阪市の議案に賛同を呼びかけた。大阪市は関電株の約9%を保有する筆頭株主。

   これに対して関電は、

「原発は、エネルギーの安定供給に引き続き重要」

などとして議案に反対を表明。議案は否決された。

   関電は、株主1人あたりの発言時間を3分以内に制限。橋下市長は、6月27日朝の段階で、この対応に、

「僕だったらオールナイトで質疑に応じるけどね」
「これほどピンチをチャンスに変える機会はなかったし、逆にここでの態度いかんでピンチが致命傷になる。ここでの株主総会について質疑がなくなるまで全て応答くらいやれば雰囲気は変わっただろうに」

と、ツイッターで皮肉をつづっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中