2018年 7月 21日 (土)

橋下大阪市長ウォッチ
関電株主総会に「何の意味もない」

印刷

   大阪市の橋下徹市長は2012年6月28日、6月27日に筆頭株主として出席した関西電力の株主総会について、「あんな対応だから、何の意味もない」と不満をぶちまけた。大阪市は関電株の約9%を保有しているが、発言時間が3分間に制限された上、「速やかな全原発の廃止」など大阪市が提案した全議案が会社側の反対で否決されたことに反発した形だ。株式の保有についても「意味があるのかどうかを含めて根本から考える」と、売却の可能の可能性に言及した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中