原発危険度ランキング公表 24基「即時廃炉すべき」

印刷

   脱原発を目指す超党派の国会議員グループ「原発ゼロの会」は2012年6月28日、全国50基の商業用原発について経過年数や地盤の状況、周辺人口などで採点した「原発危険度ランキング」を発表、計24基をただちに廃炉とするよう求めた。

   「即時廃炉にすべき」と位置付けたのは、危険度が最高だった敦賀原発1号機(福井県)をはじめ、福島第1原発5、6号機、福島第2原発1~4号機(福島県)、柏崎刈羽原発1~7号機(新潟県)など。いずれも過去の地震で被災したり、活断層上に立地していたりという原発だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中