朝鮮総連本部、差し押さえられ競売へ 最高裁が上告棄却

印刷

   朝鮮総連に巨額の債権を持つ整理回収機構が起こした訴訟で、最高裁第2小法廷(須藤正彦裁判長)が、2012年6月27日付で総連側の上告を棄却する決定をしたことが分かった。これで、総連の中央本部は差し押さえられ、競売にかけられる見通しになった。

   朝鮮総連では、マスコミの取材に対し、最高裁決定に遺憾の意を示すコメントを出した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中