オール電化割引、東電に廃止要請 経産省の電気料金審査専門委

印刷

   経済産業省の電気料金審査専門委員会は、家庭のエネルギーをすべて電気でまかなう「オール電化」の料金割引を廃止するよう東京電力に求めた。オール電化住宅の家庭だけを優遇する料金制度は不公平だと判断した。電気料金審査専門委が2012年7月2日に示した、東電の家庭向け料金の値上げの査定方針に盛り込んだ。

   特定の機器購入を条件とせず、より幅広い家庭に「昼は高く夜は安い」料金プランを提供すれば、最大使用電力を抑えられるので、オール電化割引を続ける意義が乏しいと判断した。

   東電によると、オール電化住宅は102万件にのぼる。ただちに廃止すると混乱を招くため、既存の契約者には十分な周知期間を設けることにする。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中