2018年 7月 19日 (木)

ジェットスター、就航初日に成田「門限」で欠航

印刷

   日本航空(JAL)などが出資する格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンは就航初日の2012年7月3日、最終便の新千歳発成田行き(GK118便)の運航を見送った。この日は成田と福岡、新千歳を往復する予定だったが、各空港での遅れが積み重なり、成田空港の運用が終わる23時までに着陸できないと判断したため。乗客155人が足止めされ、希望者にはホテルを案内した上で、7月4日朝の臨時便に振り替える措置をとった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中