2019年 11月 21日 (木)

「iPhone 5」発表前から予約受付 中国通販サイトは8万3000円と明示

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   米アップルのスマートフォン「アイフォーン(iPhone)」の新モデルが、正式に発表されていないにもかかわらず、中国で先行予約の受け付けが始まっている。

   新しい機能や形状についても、製造工場のある中国から情報が漏れ出しているようだ。内容がどこまで信頼できるかは不明だが、「製品のサンプル」を基にかなり具体的な解説もされている。

ネット広告で「発売は9月23日~10月7日の間」

なぜか中国で先行予約受付(写真はiPhone 4S)
なぜか中国で先行予約受付(写真はiPhone 4S)
「アップルの『iPhone 5』事前予約はこちら」

   こんな広告が掲載されているのは、中国のオンライン通販サイト「淘宝(タオバオ)」だ。中国の大手IT企業「アリババ」が運営し、消費者向けショッピングサイトとしては同国最大規模を誇る。

   広告をクリックすると、より詳しい情報が表れた。予約を受け付けているのは香港の業者のようだ。値段は6688元(約8万3000円)で、広東省深セン市から中国全土に発送可能、とある。さらに「情報によると、iPhone 5の発売は9月23日~10月7日の間になる模様です」とまで書かれていた。

   別の業者は、「カナダから直接送付」をうたってiPhone 5の予約をとっている。値段は8888元(約10万7000円)と少し高めの設定だ。受付ページには、アップルのサイト上に映し出された「全くあたらしいiPhone」とする画像が掲載されていた。しかし、米国やカナダのアップルのサイトを見ても、このような画像は表示されない。実際には存在しないはずの「新型iPhone」の画像を意図的に作成したか、インターネット上で出回ったものを拝借した可能性がある。

   これまでアップルは、iPhoneの次期モデルに関して公式な発表を出していない。2012年6月に米サンフランシスコで開催されたアップルの開発者向けイベント「WWDC 2012」では、過去にiPhoneの新作発表が行われたことから注目されたが、今回は「iPhone 5」について何も触れられなかった。

   それにもかかわらず、なぜ中国の複数の業者が予約を受け付られるかは謎だ。しかしこれまでも、「iPhone 5」の機能やサイズといった情報が「中国発」で流れているケースがある。中国には、iPhoneの生産を手がける台湾の鴻海精密工業の子会社「フォックスコン」の工場が、深センや四川省成都などにある。新型iPhoneを伝えるニュースも、現地の工場や関連業者を情報源にしているものがいくつかみられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中