橋下大阪市長ウォッチ
「転落死」調査で「教育委員が前面に出てきて」

印刷

   大阪市の橋下徹市長は2012年7月17日、東淀川区のマンションで7月15日に男子中学生が転落死したとみられることについて、自殺やいじめの可能性を含めて調査を指示したことを明らかにした。橋下市長によると、教育長と協議をして、今後の進め方や注意点を確認した。

   橋下市長は、

「(協議の場で、教育長に)お願いしたのは、教育委員に前面に出てきてもらいたい(ということ)。これは、教育委員会の中で色々な考え方があるのかも知れないが、『非常勤だから表に出せない。教育長以下、事務局の幹部が前に出てメディア、市民に向けてメッセージを出す』ということは本来的に違う。これは教育委員会制度を否定するもの」

と、事務方ではなく教育委員が説明責任を果たすように求めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中