2021年 1月 26日 (火)

「いじめ」芸能人も黙っていられない 中川翔子やロンブーも次々発言

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   滋賀県大津市の中学校でいじめにあっていた生徒が自殺した問題に、芸能人が自身の体験を交えて声を上げ始めている。タレントの中川翔子さんは2012年7月17日のブログでいじめに対する怒りを表明した。現在ではオタク系アイドルとして活躍している中川さんだが、中学生のときは絵を描いているだけで「きもい」と言われたなど、いじめられた経験があることを以前から明かしていた。

「命を追い詰めた、失ったこと、一生背負っても足りない。」

   この日のブログでは普段のハイテンションな文章は姿を潜め、いじめ問題についての報道や追及をしてほしいと発言し、「腐りきった隠蔽、言い訳、そんなものがどんどんなくなっていく世の中になるように…」とコメント。加害者とされる生徒たちが「遊びであり、いじめではなかった」と主張していることについて触れ、

「そんなことがまかりとおるなら暴行恐喝など世の中の犯罪も遊びですまされることになる、命を追い詰めた、失ったこと、一生背負っても足りない。遊びだったというなら同じ目にあってみろと言いたい」

と痛烈に批判した。

   いじめ問題に対する学校側の対応についても、

「生徒の声を聞かずにいじめはなかっただの遊びだっただの、恥を知ってほしい」
「あらゆることで死人にくちなし 加害者の人権ばかりが優先されるけど被害者は人権を踏みにじられて、命までなくしてしまった、」
「遅すぎる、すべてにおいて。命が失われてからじゃ遅すぎる。教師が、学校が、まともな対処をしないと生徒にとっては学校が世界のすべてになってしまうのだから。学校が世界のすべてではないのに」

と厳しい指摘を加えた。

   世論が騒がなかったとしたら闇に葬られていたかもしれず、今回の事件は氷山の一角で、隠蔽されたいじめ事件で失われた命がたくさんあると中川さんはいう。

   ブログの後半では、いじめに苦しんでいる人たちに向けて、「そんなやつらのせいで死ぬという選択だけはしないでほしい絶対に、生きる価値がいっぱいいっぱい未来にはあるいじめをする下らないやつの人生よりよっぽど幸せな未来が待っているから、、」とメッセージを送った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中