「大津いじめ裁判」弁護士側が支援サイト開設 カンパ受付も

印刷

   滋賀県大津市の市立中学2年の男子生徒が2011年10月に自殺した問題で、遺族は大津市と加害者らに対し損害賠償を求める民事訴訟を起こし、現在係争中だ。また、12年7月18日には、男子生徒の父親が、いじめをしたとされる男子生徒3人を相手取り暴行などの容疑で大津署に刑事告訴、受理された。

   加害者はいじめを否認しており、難しい戦いが強いられている中、遺族の代理人の石川賢治、石田達也弁護士が所属する事務所が支援サイトを立ち上げた。遺族側を応援したいという世論は高まっており、サイトでは訴訟の進行状況などを随時伝えるほか、カンパも受け付けるという。

カンパは意見書作成や証人の日当などに使う

支援サイトのトップページ
支援サイトのトップページ

   支援サイトは2012年7月16日にオープンした。サイトには、今回のいじめ問題について代理人弁護士の事務所に激励や支援したいという内容の電話やファクス、メールが多く届いたため、意見を受け付ける専用のサイトを開設するに至ったと書かれている。

   遺族は大津市と加害生徒及びその父母らを相手取って損害賠償を求める民事訴訟を12年2月に起こしており、こちらの進行状況もサイトで報告していくという。

   裁判費用などのカンパもこのサイトで受け付けている。事務所には裁判費用などを支援したいという声も多く寄せられたということで、カンパを募ることを決めたそうだ。寄せられたカンパは専門家の意見書作成費用、証人の日当と交通費、サイトの作成と維持管理費などにあてる予定で、残金が生じたら遺族と相談して使い道を決めるという。

集まった金額は今後公表する予定

   このサイトの存在を知った人はツイッターなどで「カンパします!」という意思表明や、「経緯が詳しくわかるかも」と真相解明に期待を寄せる声を上げているが、中には「金が絡むと途端にきな臭くなる…」「弁護士の給料になるんじゃないか」という疑いの意見もある。

   サイトを開設した吉原稔法律事務所に問い合わせたところ、カンパについてはサイト上の説明通り、「支援したい」という声が多数寄せられたことを受けて受け付けることにしたもので、遺族らだけで費用を準備するのが厳しいなどの理由はないとのことだ。集まっているカンパの金額や寄せられた意見の内容などは現時点では公表していないが、差し支えないものについては今後公表していく予定だという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中