2022年 10月 2日 (日)

イチロー「電撃移籍」は自ら志願 5年前から「ヤンキース」の話

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   米大リーグのイチロー選手が現地時間2012年7月23日、11年半所属したシアトル・マリナーズからニューヨーク・ヤンキースへトレードで移籍した。会見では、自らチームを移る決断を球団に申し入れていたと打ち明けた。

   低迷を続けるマリナーズに比べて、ヤンキースはワールドシリーズ優勝を狙える強豪。大リーグで優勝経験のないイチローにとっては「意中の球団」だったかもしれない。

「僕がいるべきではないのではないか」

シアトルの地元紙も大きく報じた
シアトルの地元紙も大きく報じた

   スーツ姿で記者会見に臨んだイチロー選手は冒頭、ファンへの感謝を述べた。2001年、マリナーズに入団して以降「同じ時間や思いを共有してきた」ことへの感慨を口にし、「今の思いを簡潔に表現することは難しい」と言うと10秒ほど声を詰まらせた。その後もたびたび、話の途中で涙をこらえているようにも映った。

   「電撃移籍」は、7月第2週の球宴期間中にイチロー選手本人が出した答えに基づいているという。今季のマリナーズは再建の途上で、試合では若手中心の起用が進んでいる。現在38歳のイチロー選手はこれまで打率2割6分1厘。過去の数字と比べると物足りなさは否めない。今季は起用法をめぐって、シーズン当初は3番だった打順が1番に戻り、最近は2番とクルクル変わっていた。球団の事情を考えた時、「このチームに来年以降、僕がいるべきではないのではないか」と判断したという。

   一方で、「僕自身も環境を変えて刺激を求めたいという強い思いが芽生えてきた」。2001年の入団以降、マリナーズがプレーオフに進出したのは1年目だけで、近年は最下位が「定位置」だ。加えて今季終了後には5年契約が満了する。1996年にプロ野球、オリックス・ブルーウェーブ(当時)で日本一に輝き、2009年の第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では決勝打を放って日本を優勝に導いた。しかしマリナーズでは美酒に酔った経験がなく、今季もポストシーズン進出がほぼ絶望的だ。数々の個人記録を塗り替えてきたイチロー選手にとって、キャリアの集大成に「ワールドシリーズ制覇」を望んでも不思議はないだろう。

   結論が出た以上は「できるだけ早くチームを去ることが、マリナーズにも僕にもよいことではないか」と決断し、球団に受け入れられたとイチロー選手は明かした。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中