2019年 11月 19日 (火)

ヤンキースが払ったのは2億円弱? イチロー「格安」の理由は条件丸のみ

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   米大リーグ、イチロー選手がニューヨーク・ヤンキース移籍を実現するため、契約内容を大幅に譲歩した――。ヤンキースのゼネラルマネジャー(GM)が、こんな舞台裏を明かした。

   金銭面でヤンキースの負担は、今季の年俸の一部にとどまる。守備位置や打順など起用法でも球団側に「一任」の形となったようだ。

守備位置の変更や下位の打順での起用などすべて受け入れ

ヤンキースの公式サイトで紹介されるイチロー選手
ヤンキースの公式サイトで紹介されるイチロー選手

   2007年7月、イチロー選手はシアトル・マリナーズと5年間、総額9000万ドル(当時の為替レートで約110億円)で契約を更新した。報道では、新規契約料として500万ドルが支払われ、1年当たりの年俸1700万ドルで合意したと伝えられていた。

   今回のトレードでは、ヤンキースからマイナー所属の若手2選手がマリナーズに移った。加えてマリナーズの公式ウェブサイトには「金銭も含まれる」とある。金額は明らかにされていないが、米CBSスポーツのジョン・ヘイマン記者によると、ヤンキースが支払った額は225万ドル(約1億7800万円)で、これがイチロー選手の今季の年俸の一部に当てられるという。高額年俸のスター選手を次々に獲得できる資金力をもつヤンキースにとって、イチロー選手を「2億円程度」で手に入れたのは「超お買い得」と感じたかもしれない。

   マリナーズとのこれまでの契約では、他球団への放出を拒める「ノートレード条項」を結んでいたが、自ら条項を破棄して移籍を望んだ。だがヤンキース側が出した条件は「好待遇」とは言い難い。ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMは米スポーツ専門メディアのESPNに、「イチローは我々が出した条件をすべて受け入れた。彼は多くの犠牲を払うように求められ、同意したのだ」とコメントした。この「犠牲」についてESPNは、守備位置の変更や下位の打順での起用だと示唆。また左打ちのため、左投手が先発すれば控えに回る可能性もあるのではないか、と推測した。

   キャッシュマンGMは米国時間2012年7月24日、ENPNのラジオ番組で、「イチロー獲得の優先順位は、必ずしも高くなかった」と明かした。補強ポイントだったのは、レギュラー選手がケガのため今季絶望となった左翼だったが、イチローは右翼手。しかもマリナーズの「顔」であるプレーヤーだけに、交渉が始まってからも、「合意にこぎつけられるか、予測できなかった」と振り返る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中