2019年 8月 22日 (木)

加害生徒「自殺」デマが拡散 クリックすると悪質な仕掛けが

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   自殺した中2男子生徒をいじめたとされる加害生徒3人のうち、リーダー格の男子生徒が自殺したとのニセ情報がツイッターに流れ、ネット上が騒然となった。実際はデマで、週刊誌が伝える加害生徒の様子とはかけ離れている。

   そのニセ情報は、まとめ作成サイト「NAVERまとめ」からの情報の形でツイートされた。

デマ元「ネットでの行き過ぎた身元特定が原因か?」

「大津いじめ事件に新展開 加害者のリーダー各の少年が自殺 ネットでの行き過ぎた身元特定が原因か?」

   このツイートがつぶやかれた2012年7月24日には、ツイッターで盛んにリツイートされた。いじめの凄惨な様子が報じられているだけに、「ざまあ」「ならいじめをするなよという簡単なこと」と加害生徒をくさす声が次々に上がった。しかし、同時に、ツイートに貼り付けられたURLの内容を知り、悪質なデマだという指摘も相次いだ。

   それらの指摘によると、URLをクリックすると、ポップアップウインドウを閉じることができなくなり、大音量のBGMが鳴る被害に遭ってしまう。実際にクリックし、パソコンやスマホが固まってしまったとの報告も寄せられた。電源を切れば収まるようだが、注意するよう呼びかけられている。

   この手のものは、ブラクラ(ブラウザクラッシャー)と呼ばれているようだ。

   ブラクラを仕掛けたのは、横浜の高校2年生と称するユーザーらしい。前後のツイートを見ると、個人情報を流したり、殺害予告をしたりしており、悪意のあるユーザーのようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中