2020年 2月 29日 (土)

家電量販店、「再編」でも青息吐息? 薄型テレビ・ショック脱せず

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   家電量販店が苦しんでいる。その原因である薄型テレビは、毎回のように「五輪商戦」の主役を張るが、ロンドン五輪の開幕を3日後に控える2012年7月24日になってもかつての売れ行きは戻らない。

   2011年7月の地上デジタル放送への移行に伴う「特需」の反動があまりにも大きく、消費者はピクリとも動かない。

6月の売上高、大手が20~40%の大幅減

   2004年のアテネ五輪、08年の北京五輪では飛ぶように売れた薄型テレビの大不振に、どの家電量販店も売上げがさっぱり上がらない。

   調査会社のBCNによると、6月の薄型テレビの販売台数は前年に比べて80.6%減で、過去3年間で最も低い水準という。家電エコポイント制度の終了や、地上デジタル放送への移行に伴う特需の反動で、テレビの買い替え需要は急減し、復調の兆しは見えない。

   2012年7月13日に「ベスト電器」の買収を正式発表し、売上高2兆円超と勢いに乗る最大手のヤマダ電機でも、6月の売上高は前年同月比32.4%減だった(以下、全店ベース)。

   6月は薄型テレビをはじめ、ブルーレイレコーダーなどの映像関連が足を引っ張り、気候が涼しかったこともあって期待されたエアコンも売れ行きが鈍った。携帯電話は夏モデルの発売前の買い控えがあったほか、パソコンも伸び悩んだ。

   ヤマダ電機は5月の売上高も前年比23.8%減、4月も11.7%減と、振るわなかった。

   コジマの売上高は6月が前年に比べて、じつに43.0%減と大きく減らした。5月も32.0%減、4月は21.0%減と、「安さ日本一」でヤマダ電機やケーズデンキと激しく競り合い、1997年3月期には業界トップに立った姿は見られない。落ち込みも一番大きく、6月にはビックカメラグループの傘下に入った。

   そのビックカメラの6月の売上高は、28.6%減に踏みとどまった。5月は20.4%減で、4月は16.3%減だった。

   ケーズホールディングス(ケーズデンキ、HD)の6月の売上高は前年比34.2%減。同社も5月は20.2%減、4月は14.3%と、同社も毎月売上げを落としている。

   エディオンも同様に、6月の売上高が34.6%減。5月は23.8%減、4月が10.7%減と、減らした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中