2019年 12月 11日 (水)

瞬間的加速は「世界一」? 快足永井に海外の評価急上昇

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ロンドン五輪のサッカー男子で、日本代表がモロッコ代表を1-0で破り早くも1次リーグ突破を決めた。立役者は、ゴールを決めたFWの永井謙佑選手だ。

   初戦のスペイン戦でも永井選手は、自慢の快足を生かしてピッチを走り回りスペインの守備陣をかく乱、歴史的な勝利を演出した。2試合の活躍で、既に欧州のチームが獲得に向けて動き出したとの情報もある。

「仕事の鬼」「またナガイだ」

「キーパーは完全に間に合うと思って出てきたのに、永井選手のスピードが異常に速くて追いつけませんでしたね」

   テレビ朝日の情報番組「モーニングバード!」に出演したサッカー解説者の松木安太郎氏は、英国時間2012年7月29日に行われた日本―モロッコ戦で、永井選手の得点シーンをこう振り返った。映像を見ると、MF清武弘嗣選手が中盤から相手DF陣の裏に空いたスペースにパスを蹴り出す瞬間、永井選手が駆け出している。ボールを受けると、あっという間に敵のプレーヤーを置き去りにし、慌てて飛び出してきたGKをもかわしてゴールを奪ってみせた。

   永井選手が世界を驚かせたのは、五輪初戦となる現地時間7月26日のスペイン戦だ。前線で90分間、縦横無尽に駆け回って相手守備陣にプレッシャーをかけ続けた。スポーツジャーナリストの木崎伸也氏はJ-CASTニュースの取材に対して、「通常、プレスは組織的に行うものですが、この試合で永井選手は(ひとりで)驚くほどのプレスをかけていました」と舌を巻く。前半41分、スペインの選手がバックパスを受け損ねた瞬間を見逃さず、一気にボールを奪いに行くと相手はたまらずファール。これがレッドカードと判定され「1発退場」となり、日本は後半を数的に有利な状態で進めることができた。また得点には結びつかなかったが、スピードに乗ってゴールを脅かす決定的なシーンは何度もみられた。

   スペイン戦勝利の後、海外メディアは永井選手を取り上げた。英大衆紙「デイリー・ミラー」電子版は「『仕事の鬼』と化したナガイ」と、骨身を惜しまず試合を通して走り続けた様子を表現。英ガーディアン紙も「強さ、運動量、ボールタッチ、抜け目なさがある」と高く評価したという。米オンラインスポーツサイト「ブリーチャー・リポート」は試合を再現した分析記事で、「またナガイだ。スペインは日本のスピードをとめる手立てがない」とつづった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中