競泳400メドレーリレー 男子は初の銀、女子は銅

印刷

   ロンドンオリンピックでは2012年8月4日、競泳400メートルメドレーリレーが行われ、日本は男子で銀メダル、女子で銅メダルを獲得した。

   入江陵介、北島康介、松田丈志、藤井拓郎のメンバーで泳いだ男子は、3分31秒26で過去最高の2位に入り、初の銀メダルを獲得。2004年のアテネオリンピック以降、3大会連続のメダル獲得となった。これにより北島は日本の競泳で初の3大会連続メダリストとなった。

   一方の寺川綾、鈴木聡美、加藤ゆか、上田春佳で臨んだ女子も、3分55秒73で日本新記録を更新し、銅メダルを獲得した。今大会の日本競泳陣のメダル獲得数は銀3、銅8の11個となり、2004年アテネオリンピックの8個を抜いて戦後最多となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中