「やっぱりやるなら中学生だな」 九電社員、ツイッター「買春告白」で逮捕

印刷

   ツイッターやミクシィによる「犯行告白」が相次ぐなか、今度は中学生とのわいせつ行為をツイッターで自慢していた男が逮捕された。過去の書き込みから勤務先が特定され、会社に通報があったのが逮捕のきっかけだった。

   児童買春・ポルノ防止法違反(買春)の容疑で逮捕されたのは九州電力社員の男(34)。福岡県警中央署が2012年8月6日発表した。男は、11年12月23日午前、大阪市大東市内のホテルで、18歳未満だと知りながら、当時中学3年生だった女子生徒(当時14)に5万円を支払ってわいせつな行為をした疑いが持たれている。男は容疑を認めているという。

中学生と「あるサイトで仲良くなってカラオケに行くことに」

   事件が発覚したきっかけは、ツイッターの書き込みだ。1月21日未明の書き込みには、

「明日中学生に会ってイチャイチャイチャイチャイチャイチャします」

と中学生との交際をほのめかす内容があった。読者から

「おいどういうことだ説明」

と突っ込まれると、

「あるサイトで仲良くなってカラオケに行くことに」

   などと説明。さらに、

「これから中学生とイチャイチャ 」
「幼女大好物」

と書き込んだ。翌1月22日には、書き込みは

「今週末も中学生とイチャイチャ」
「やらしいことたくさんして、やらしい体にしてあげるのさ」

とエスカレートし、1月28日には

「あ~来週も中学生とやれるかもしれん。超楽しみ~」
「いや~やっぱりやるなら中学生だな」

とも書き込んでおり、何度も繰り返して行為に及んでいた可能性がある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中