桐光学園のエース松井、新記録の22奪三振

印刷

   第94回全国高校野球選手権(兵庫・阪神甲子園球場)の第2日目となる2012年8月9日、1回戦4試合が行われ、第3試合は桐光学園(神奈川)が7-0で今治西(愛媛)に完封勝ちした。

   桐光学園は2年生左腕のエース・松井裕樹投手が先発完投、大会新記録となる1試合22奪三振の快投を披露した。自ら3ランも放ち、投打にわたる活躍を見せた。

   これまでの大会記録は19奪三振で、05年の辻内崇伸投手(大阪桐蔭)ら5人が記録していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中